すいながすべて

東京すいなアカデミー

080-4072-0050

〒113-0001 東京都文京区白山1-22-14-102

10:00AM ~ 20:00PM

すいながすべて

すいな,東洋医学,コラム

2021/05/13 すいながすべて

退屈な会社員生活に見切りをつけたとき、次に何をやるか決まっていなかった。

むしろ見つからなかったというのが正しい。

実際、いろいろなセミナーに参加してみたが僕の脳に響くものはなかった。

僕は情報集めに大型の書店に通っていた。

そんな時に健康関連のコーナーで「代替医療」という本を見つけた。

病気を治すために、西洋医学とは違う、世界中の治療法や風習を紹介してあって実績ある方法が紹介されていた。

 

僕は子供のころから健康志向が強かったので「代替医療」にとても惹かれて本を読みあさった。

中国医学、スピリチュアル、祈祷、アメリカンネイティブの呪術、アマゾンのジャングルで行なわれている摩訶不思議な風習など、西洋医学にはほど遠い方法が紹介されていた。

そしてどれもその土地で成果を上げていた。

その中で僕は中国医学に惹かれた。


鍼、灸、漢方は中国を代表する医療法だがそのなかに「推拿」という手技法があった。

僕は、手だけで人の身体を回復できるということに何か強い力を感じた。

 

さらに「すいな」は4000年の歴史を持つ中国医療で使われる手技法で、大学病院に推拿科という診療科目があるということを知った。

 


そして中国医学は代替医療、予防医学として未病やリハビリに高い効果が得られることを知って「推拿」の情報を集めだした。

その結果「すいな」は揉んで終わりではなく、心身の成り立ちを大自然の法則から導き出し、論理的な知識も得られることに僕は入り込んでいった。

いつのまにか「すいな」は毎日の生活の中の一部となっていった

 

東京でただ一件だけの推拿専門学校と出会う

いまから20年ほど前に「すいな」という手技法を教える整体学は東京にはただ一つだけだった。

僕は当時「すいな」という名称をはっきり名乗ったその整体学校に入学した。

その学校では、中国医学的にみた人体の成り立ちや経絡と経穴について、そして「すいな」手技法について詳しく教えていただいた。

 

自分の知らなかった世界がいま目の前で展開されて、それからこの世界にハマった。

 

それが「すいな」だった

 

サラリーマン生活はまだ続いていたが退社後と土日の休みを利用して学校に入り浸っていた。

日曜日になると先生に“小野さんはサザエさんを見に帰るんだ”とからかわれたものだった。

 

僕が在籍した1年半の間に、先生はじめ同級生のおかげで「すいな」を実践するために必要な手技と理論を学ばせていただいた。

 

ふと日本のマッサージ業界を見ると、「すいな」の知識を持っている人はほとんどいないようだった。

 

それから僕は「すいな」を専門的にやっていこう、そう決意してこの仕事を始めることになった。

そして学校を卒業してから5年後、僕は東京すいなアカデミーをを立ち上げた。

 

治療家を目指す人へ

自然の法則に則って”心と体”は裏切らない、というのが僕の考えだ。

中国の優れた整体法「すいな」をしっかりと僕らの文化にローカライズして、届けること。

そうすることによって、いま現在、治療家志望の人の手助けができるのではないか。

 

そして、治療家のレベルが上がれば、人々の生活にとてもよい影響があるのではないか。

そのために、すぐれた「すいなセラピスト」を育てること。

 

これが「東京すいなアカデミー」が生まれたストーリーであり、存在意義である。

 

「すいな が全て」

東京すいなアカデミー設立者

小野秀樹

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

東京すいなアカデミー

【住所】
〒113-0001
東京都文京区白山1-22-14-102

【電話番号】
080-4072-0050

【定休日】
年中無休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP